入札ボンド・履行ボンドの取得支援

当社では、米軍基地の修繕工事や物品の調達、外国企業の日本への出店、工場新設など、外国政府や外国企業が日本国内で行う工事、物品の調達の入札に必要な金融機関による「入札ボンド(入札保証・Bid Bond)」、「履行ボンド(契約履行保証・Performance Bond)」の保証状取得を支援しています。

入札ボンド(入札保証・Bid Bond)とは  

外国では資金調達が理由で取引が不履行にならないことを保証するために、入札ボンドと見積書を一緒に入札期限までに発注先に差入れる商慣習があります。

履行ボンド(契約履行保証・Performance Bond)とは

落札後、工事が完成出来なかった場合や品質不備に備えて、発注先が落札先に対して入札ボンドと引換えに金融機関発行の保証状差入れを求める商慣習があります。

ボンド取得の方法

貴社は金融機関(銀行、損害保険会社など)に対し、ボンド発行依頼が出来ます。
金融機関は貴社の経営実績・財務内容・事業リスクなどに基づき、融資と同等の審査を行い、ボンド発行に至ります。
ただし、ボンド発行はどの金融機関でもノウハウがあり、発行出来る訳ではありません。

これまでボンドを発行してきた経験のある金融機関「だけ」が入札ボンドを発行できるのが実情です。
なお、貴社の内容に関わらず、差入れ先国家や企業の可否や保証限度枠は金融機関によって異なり、ボンド発行を断られることがあります。

入札期限までにボンドを取得するコツ

ボンドの発行には3週間~2か月程度の金融機関の審査期間が必要です。
入札情報が分かり次第、資料を揃えて金融機関に打診する準備を行う必要があります。
ボンド発行の申込先や取引形態について不明点がある場合は、当社にお問合せください。

ボンド取得準備①入札概要の整理

金融機関の審査には3週間~2か月程度の期間が必要ですが、ボンド発行の背景や内容、時系列を正確に理解していただくために「正確な金融機関の業界用語」で入札概要、入札金額、入札期限などを資料にまとめる必要があります。

ボンド取得準備②審査判断材料の提供

金融機関は、ボンド発行に向けて融資と同等の審査を厳密に行います。
そのため、貴社の経営実績・財務内容・事業リスクなどについて金融機関が判断しやすい資料を作成する必要があります。

当社のご支援内容①入札概要の整理

金融機関ならびに関係者全員が正確に入札案件を理解できるように入札概要、入札金額、入札期限などを時系列順に資料にまとめます。

当社のご支援内容②財務DD(デューデリジェンス)対策

金融機関が短期間で財務DD(デューデリジェンス)を進められるように財務分析し、不透明と見做される勘定・取引を特定し、貴社財務内容の実態が理解できる資料をまとめます。

当社のご支援内容③事業DD(デューデリジェンス)対策

事業完遂可能性、また事業リスクについて金融機関が理解できるように正確な金融業界用語を用いて資料、想定問答集をまとめます。

お問合せはこちら

お問合せ