世界一の求人媒体を本気で攻略した採用コンテンツ制作

経営コンサルタントが世界一の求人媒体を本気で攻略

最短、最速で幹部候補/従業員を確保する実証済みコンテンツ制作ノウハウ

新型感染症拡大後、競合企業はすでに人材確保に奔走している

中小企業白書2021(2020年調査)によれば、業種別に見た人員の過不足状況で「サービス業」において人員が「不足」と回答した企業が過剰の12倍程度と、相対的に多くなっています。「製造業」でも人員不足が過剰の3倍程度存在している状況となっています。

第1-1-62図 業種別に見た、人員の過不足状況
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2021/chusho/b1_1_3.html

特に、業績が拡大基調にある企業ほど人手不足の状況にある傾向があります。

第1-1-64図 直近1年間の売上高の動向別に見た、人員の過不足状況

人材不足は企業の業績悪化に直結

人材が企業の成長戦略のボトルネックと認識して、求人に力を入れる企業が急増しています。

業種別に人員不足による影響を確認すると、「サービス業」、「その他」において、「売上機会の逸失」と回答した企業の割合が最も高い。「製造業」においては、「残業時間の増大」と回答する企業の割合が最も高く、「納期遅れなどのトラブル」と回答した企業の割合も相対的に高くなっています。

第1-1-66図 業種別に見た、人員不足による影響
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2021/chusho/b1_1_3.html

生産性向上には中核人材の雇用がカギ

中小企業白書2017によれば、 中核人材の不足により、 「時間外労働が増加・休暇取得数が減少」と回答した企業の割合が事業展開の方針にかかわらずそれぞれ6割近くとなっています。

中核人材の不足により、既存の人材へのしわ寄せが発生していること、管理的な人材が不足することで、マネジメントが停滞し結果的に長時間労働が常態化していること等が背景として考えられています。

また、成長・拡大志向企業においては、「能力開発・育成の時間が減少」と回答した企業の割合も59.0%と高く、 中核人材の不足は、人材育成の機会の減少、技術・ノウハウの継承が困難になるといった影響が発生し得ることが示唆されています。

第2-4-10図 事業展開の方針別に見た、中核人材の不足による職場への影響

新型感染症拡大前までは、顔の見える採用方法が有効だった

中小企業白書2015(2014年調査)によれば、新卒・中途採用に限らず、取引関係のある企業や教育機関の採用担当者、就労者の個別的な関係といった、顔の見える採用方法が効果的であったことが分かります。

新卒採用の利用手段では「ハローワーク」の利用率が28.4%と最も高く、次いで教育機関の紹介が20.2%。

他方で、採用実現率は、「ハローワーク」は必ずしも高くはなく、「教育機関の紹介」、「知人・友人の紹介」や「取引先・銀行の紹介」が高い実現率を示していました。

第2-2-21図 採用手段ごとの利用実績及び採用実現率(新卒)

中途採用の利用手段は、ハローワークが69.0%と最も高く、「知人・友人(親族含む)の紹介」が46.7%となった。一方で「就職情報誌や新聞・雑誌等の求人広告」が25.5%と割合が高くなっていた点が特徴的です。

他方で採用実現率は「知人・友人の紹介」や「取引先・銀行の紹介」が高い数値を示しており、新卒採用と同様の傾向が見て取れます。

第2-2-22図 採用手段ごとの利用実績及び採用実現率(中途)

新型感染症拡大後は求人のWeb 、SNSマーケティング化が進む

新型感染症拡大後,対面による口コミや紹介の機会が激減したため,これまで実績を出していた紹介ルートが機能しなくなってしまいました。

一方,一気に社会全体でオンライン化が進んだ影響で、求人においてもWebやSNSでの求人が大幅に増え,この傾向が変わることはありません。

求人よりWebマーケティングで先行する通信販売では、 露出は増やせば増やすほど良いというノウハウがあります。つまり,1つのWebコンテンツを複数のプラットフォームやメディアに配信すればするほど反応率が高まります。

無料だと,自社BlogやFacebook,YouTubeなど。有料だとIndeed,Wantedly,リクナビ,マイナビが有望です。

そして,露出するコンテンツの反応率が高ければ高いほど求人効果は飛躍的に高まるのです。

人材の確保手段ごとの課題

  • 「ハローワーク」は、人材の数や質、また定着率が他の手段に比べて課題
  • 「知人・友人(親族含む)の紹介」は、人材の質や定着率を問題と考えている企業は少なくないものの、「人材の数が少ない」や採用手段として「使いづらい」といった課題の回答割合が高い
  • 「教育機関の紹介(就職担当等)」についても「人材の数が少ない」や採用手段として「使いづらい」といった課題の回答見て取れる
  • 「就職情報誌や新聞・雑誌等の求人広告」、「人材紹介会社の仲介」、「就職ポータルサイト(リクナビ・マイナビ等)」は、人材の数が少ないといった問題点は緩和されるが、コストが高い点が課題
  • 「自社のホームページでの告知」に関しては、ホームページを開設している企業においては、少なからず採用ページを用意しているが、実際には応募がコンスタントに入るわけではなく、人材採用手段としては必ずしも効果的とはいえない状況
第2-2-23図 人材の確保手段ごとの課題

求人コンテンツは自社では作れない

非上場企業は就職希望者が必要としている情報を提供できていない、というデータがあります。

中小企業白書2015では、企業の規模によって就業時における情報の明確性が大きく異なるという傾向が報告されています。中小企業、特に、小規模事業者においては企業の就労条件や仕事内容が不明確で、就職希望者が求める情報提示が必ずしも十分とは受け止められていない傾向が強くなります。

就職を希望する者が入社を決断する上での判断基準となる情報が不足することが、中小企業・小規模事業者の人材確保におけるマイナス要因となり、就職時に十分な情報がないことで、就職後に就労条件や仕事内容に関するミスマッチが生じ、人材の定着率の低下にも寄与している可能性が高いことが指摘されています。

新型感染症拡大前に求人に苦戦していた企業が、いきなり求人のWeb 、SNSに対応できるとは考えられません。

さらに残念なお知らせです。現時点までの当社調査で、求人を実現できるコンテンツ制作ができる業者はまだ見つかっていません。

第2-2-25図 就職時に就職先に関して明確に分かっていた事項

先行企業は、動画コンテンツの採用で理想の人材と出会えている

すでに採用コンテンツに動画を活用している整体フランチャイズ本部の体験談です。

採用コンテンツに動画を活用してから、求人問い合わせの数は増えていないが、

①採用面談がやりやすくなった、

②企業理念を理解して応募してくる応募者が増えた、

③結果としてレベルの高い採用につながっている、そうです。

せっかく採用するのなら、理想の人材を採用したいですよね?

世界 No.1 の求人検索エンジンの成功事例のノウハウを活かしたWebコンテンツ制作

そこで,元広告代理店のコピーライターの経営コンサルタントが、世界No1の求人検索エンジンの成功事例+その他成功事例を解析,核心に到着しました。

・できるだけ早く現場人材を確保したい方
・スピーディーに幹部人材を確保したい方
・従業員の意欲と能力を引き上げ、企業の成長を加速させたい方

これらの目標を達成する最速最短のポイントは、「すでに実証されている仕組み・ノウハウを導入すること」です。

世界No1の求人検索 従業員の確保を目指す実証されたノウハウで制作した求人コンテンツをお勧めします。

コンテンツ制作の費用観

Zoomでの動画撮影を行うことで、コンテンツ制作費用を大幅に低減させることができます。

質問表は予めお渡しして、当日まとめて収録します。質問1つあたり30秒以内でご回答ください。

Zoom用のカメラ、マイク、照明、通信回線はご用意ください。

収録場所は,御社を象徴する場所。例えば店舗や事務所、ホワイエ、ロビーなどを推奨しております。

  • カメラ:USB接続PCカメラ,1080p推奨
  • マイク:ピンマイク推奨
  • 照明:リングライト推奨
  • 通信回線:100Mbps以上推奨

動画制作(アンケート、収録、動画編集、納品)

以下の動画制作の価格は、「初回20社限定」とさせていただきます。

  • Zoomでのインタビュー撮影(60分まで)、編集:200,000円+税~
  • 対面でのインタビュー撮影、編集(60分まで): 400,000円+税~
  • 人物による音声ナレーション:20,000円+税〜

採用コンサルティング

  • 企業理念、事業戦略、経営戦略:200,000円/月+税~

お問い合わせ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    御社名・ご担当者名(必須)

    カテゴリー選択(必須)

    メッセージ本文(必須)

    こちらの文字列を入力してください。 (必須)

    captcha

    お問合せはこちら

    お問合せ